トレンディエンジェルの斎藤司の母親も30代で他界

トレンディエンジェルの斎藤司さんは母親が38歳でがんで他界されたそうですが、小林麻央さんとは4歳しか違わず、幼い時に亡くなったのかと思ったら、斎藤さんが17歳の時の別れだったそうです。

母親もまだ若く、さいとうさんも未成年ではありますが、まだ一緒に過ごした時間は長かったんですね。

時々高校生球児が高校生時代に母親を亡くしたと言う話は聞きますが。

子供を早くに産むということだけでも子供にとってはある程度大きくなるまでは元気であるという状況にはなるんでしょうね。

小林麻央さんもあと4年生きていればれいかさんは9歳、かんげんくんは8歳なのでまた違う感じではありますね。

小林麻央さんが他界されて、れいかさんは状況は分かっているそうですが今は元気がなくなっている様子ではなく、かんげんくんは分かっているところと分かっていないところがあるそうです。

がんの患者の方は最期は病院で過ごすと思っていただけに、小林麻央さんは自宅で過ごしていたのでまだ元気なんだろうと思っていましたが。

小林麻央さんがあごの転移が見つかった時には、検査で見つかるというわけでもなく転移を防ぐようでもなく、本人からの申告だったのでもう治療法がない様子には感じていましたが、がんが悪化するとがんの広がりを止めようということも行わないものなのですね。

小林麻央さんは桃が好きだったり、亡くなる前日はオレンジジュースを飲んだりしたそうです。

ブログを見ているとつい最近まで日々のブログを書いていたのに、ブログは今も元気なんじゃないかと思うような思わせるような雰囲気が出ています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です