とんねるずのみなさんのおかげでした最終回

とんねるずのみなさんのおかげでしたが最終回になるそうですが、意外にも最終回は1時間放送なんですね。

スマスマとか笑っていいとものように2、3時間放送かと思っていましたが、スペシャルではないんですね。

以前からとんねるずのみなさんのおかげでしたは終了する説が出ていましたが、その状態が10年近く続き、その当時は本当ではなかったということにはなりますがいつかは終わるということでしょうかね。

最近はよほどのことがないとあまりとんねるずのみなさんのおかげですは見ないようにはなりましたし、昔ほど人気はないんでしょうね。

初期はとんねるずの二人がコントに登場し、アイドルや当時有名な人とやりとりがあるなどとんねるずの色が出ていましたが、最近はスタジオで評価する側になるような状態になりあまりとんねるずらしさは感じられないようには思っていましたが。

とんねるずは他局の番組も終わり、フジテレビの他の番組も終わり、1つになり、それを維持するためにフジテレビの社長か幹部役員などとゴルフでプレーするなど接待をしているという風にも言われていましたが。

最近ではほもおだほもお騒動などもあり、もしかしたら局の方も今はバラエティの時代じゃないとかバラエティでは自由にできずバラエティを活かせないという風に思ったのかもしれません。

あとはギャラも負担にはなったいたのかもしれませんが。

二人の子供も成人するかしないかの年齢なので、もうあまりバラエティで笑い系はやりたくないと思ったのかもしれませんが。

あるいはもうそれほどさらに教育費を稼がなくてもいい年齢になり、終了しても構わない状態にもなったのかもしれませんが。

以前はなぜか評判が悪いというか悪く言われていたとんねるずの二人ですが、最近では応援の声も多かったように思います。

しかしやはり30年続いていると本人自身も年齢が変わり、バラエティなどに対する思いはそれほど以前ほど強くはないのかなという気はしましたし、気持ちの維持とかモチベーションはなかなか続かない状態かなと言う風にも感じていましたが。

コントのような作品であり、しかしコントよりもさらに進化したようないくつかスタジオを用意してより豪華な作品だったり、ドラマのような流れの中で笑いが入っていたり新しいバラエティを作り出していった番組には感じますね。

笑いに関するタレントではあるけれども、しかし何でもやるとかとにかく目立つように主張するわけでもなく、内容で勝負するような方針だったので作品のしあがりや質は良かったように感じました。

他にもめちゃイケも終了するとからしいですが、深夜枠のめちゃモテからはじまりその頃の20歳以下の年齢の人口の変化やテレビや音楽中心のエンタメから変化したということなんでしょうね。

エンタメはいろんなところで生み出されますが、テレビならではと言えば今ではニュースなどある程度大きな組織ではないと集められない情報や取材等を扱っている番組など限定されてくるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です