タイドの洗剤アメリカの脂を落とすと評判の洗剤、通販でも人気

アメリカのタイドの洗剤は油汚れがよく落ちるということでも人気がある洗剤だと思います。

やはりアメリカは油っこい食べ物が多いとか肥満体型の人が多いということで、衣類の汚れもより目立つそうです。

量も多めの大きいサイズでやはりアメリカと言う感じはありますね。

4Lを超えているのでけっこうな大きさではあるかと思います。

スポーツをされている方や力仕事をされている方などが家族にいらっしゃる方などに人気がある洗濯洗剤であると思います。

やはり洗濯物の汚れはやや温めの水とかぬるま湯などで洗った方がよりきれいに落ちるようですね。

熱すぎても逆に落ちづらくなる場合もあるそうなので、汚れに関しては熱すぎず少し暖かい程度が良いみたいです。

あとはあまり多くの水は使わずに洗剤を水や温水で溶かし、濃い濃度の洗剤水に浸け置きした方が良いみたいですね。

その時は色落ちする場合もあるので、そう言う面は気を付けられた方がいいかもしれません。

色が移る場合もあります。

だいたい洗剤で染料が落ちてしまう場合と言うのは、服を着ている時でも他へ色落ちしてしまうので、洗剤で落ちる分は洗剤で色を抜いていた方が他の衣類への影響もでないようです。

やはり洗濯の汚れが残るとニオイとか肌触りにも変化が出てくるので、できるだけしっかりと汚れは落としたいとか、定期的にしっかりと洗う時を作るという方も多いようですね。

汚れが残っているとなんかべとべとするとか、すっきり感があまりないということもあるようです。

下着とか肌着とかインナーの衣類は汚れやすいので、洗剤を濃いめにして浸け置きするとか、洗濯機以外の容器にお湯を入れて洗うという方法も良いそうです。

お湯に関しては温度は60℃70℃まで大丈夫なんじゃないかと言う意見は50℃以上になると衣類が傷むんじゃないかと言う意見などがあるようですが、なかなか難しい話ですね。

繊維や生地の変化があまり気にならない場合にはやや高温でもいいのかもしれません。

アイロンなどを使用されて、短期間で乾かすと生乾きのにおいもあまり発生しないそうです。

衣類は冬になるとそれほど生乾きとか部屋干しなど低温で乾かした時のにおいはあまり出ませんが、秋や春になると少しずつでてきますね。

お湯などで洗うとニオイが抑えられたり、長時間50℃前後の湯に浸けておくとニオイもあまり出てこなくなります。

生地によってはいい悪いもあるので、安い服とかインナーとか温度の影響をあまり受けない生地などが適しているようです。

普段着とかそこらへんの服の洗濯には良さそうです。

アメリカ産とか外国産の衣類洗剤は通販で売られています。

けっこうずっと利用しているという方も多いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です