ウォーキングシューズとか運動とか脂肪燃焼とか

最近ウォーキングシューズのようなものを履いていますが、歩きやすく、ヒールがある高い靴に比べると足の疲れと言うのもあまり出づらく、歩きやすく歩く距離が増えた印象があります。

ヒールが高いものだとつま先に体重がかかり、足も痛いですし負担もかかるような状態なのでやはり歩きやすい靴と言うのは使用したいですね。

足が痛くならないとか、軽い靴とか楽にあるけるくつとかそういうものが理想でした。

 

 

今は見た目だけではなく、パンプズなどにも機能重視とか足の痛みを軽減するようなものも増えていますね。

しかも軽いですし、靴底がやわらかで力を九州するような素材を使用していたりと、足への負担がかなり軽くなっているように感じました。

今は歩きやすい靴が増えていますし、やはり歩くことが多い場合には歩きやすい靴の使用の方が楽で、時間に余裕があればバスや電車を使用しないとか、乗る距離を縮めることも可能ですし、時と場合によっては節約にもなると感じました。

スポーツとか運動とかの効果は

年齢が高くなってくるとスポーツや運動の意識と言うのが高まりますが、ウォーキングと言うのはどうやらそこまで脂肪燃焼はしないようですね。

一方で走るとそれなりにカロリーを使い、消費し、脂肪燃焼がどちらかというと高まるようです。

走るというのはなかなかできないにしても、できるだけ早歩きされた方がダイエットとかそういうものには効果があるようですね。

歩く時はあまり満腹状態ではなくやや空腹状態で歩いた方が脂肪を使うようになるそうですが、もしかしたら個人差もあるかもしれません。

歩くと気分もいいですし、高齢になると歩けるか歩けないとかそう言う面でも脳機能には影響があるようなので、歩くことは重視された方がいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です