小林麻央が人間ドッグや再検査の時などを振り返る

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻である小林麻央さんが人間ドッグでしこりを見つけたものの、その後すぐには乳がんという診断は受けなかったということをブログに書いていましたが、書くほどなので体験談と言うよりもいろいろな思いがあって書いたのでしょうね。

今のところ直接医師や病院を批判的に書いてはいませんが、違う記事には今の複雑な気持ちは書いているようでした。

同じ記事の中にそのまま書くわけにはいかないないので、違う記事に書いているようですが、無念な感情とも思える単語も出てきていて、言いにくいことではあるものの、書くことに決めたみたいですね。

せっかく見つかってドッグの医師も早くに調べた方がいいと言ったものの、発見が遅れた無念さはあると思いますが、一方で再検査に行った時にはまだ自分でしこりが分からない状態だったそうなので、自分で発見できた可能性も低かったようです。

たまたま海老蔵さんに付いていく形で検査を受けたことが、遅すぎる前になんとか治療を開始できたことには繋がっているとも言えますが。

人間ドッグを受けなければもっと発見は遅くなっていた可能性はあったようでした。

しかしがんと診断されるまでの間にどうにかできていればという思いも強いでしょうね。

テレビによると、乳がんは進行性がんになるまでには5年以上はかかるそうなので、小林麻央さんは実際には結婚する前からがんがあった可能性もあるそうです。

歌舞伎界では市川団十郎さんや中村勘九郎さんや坂東三津五郎さんが亡くなったりと病気のニュースがここ数年は多いですね。

川島なお美さんのように早くに発見できたとしても治療が難しい場所があったり、もうがんができてしまえばなかなか改善させられないとなると予防が大事そうに思いますが、ウイルスや有害物質を避ける以外はなにか予防法と言うのがあるわけでもないようですね。

それほど気を付けてなくても元気な人もいれば、健康には気を付けていても病気になったり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です