小林麻央とがんのこと、人の不安など

小林麻央さんのブログは時々見ていましたが、やはり体の容体と言うか健康が安定しているとなかなかブログは見ない時期と言うのは続きますね。

逆に不調な状態が続くと大丈夫かなと見てしまいます。

小林麻央さんは今はバリアフリーが整っているマンションで生活しているそうで、食事を作るなど動ける状態にはあるそうです。

逆に言えば今もやはり足がしびれや体力の低下などであまり歩けない状態なのかもしれませんが。

小林麻央さんはもともと都心に住んでいたので、子供の保育園や幼稚園は転園とか変えたというわけでもなさそうですね。

私立の保育園幼稚園のようですが、倍率が高く入れなかったというわけではないのですね。

保育園幼稚園でも私立はそれなりに費用が高いのでしょうかね。

時々付属幼稚園とかそういうところを見かけますが、ごく普通の家庭の子供も通っているので、格別に料金が高いという感じにも見えませんでしたが。

幼稚園によっても違うのかもしれませんが。

小林麻央さんも病気なので不安があるそうですが、普段の生活ではあまり不安は見せませんね。

家では海老蔵さんとはブログとはまた違う姿を見せ、夫婦の人間関係があるのかもしれませんが。

不安なあなたがゆっくりラクになるメッセージ [ LICO ]

不安は世の中で言うと、人間関係、お金、健康などさまざまなものがありますね。

もし人間ではなく動物であればごく一部の状況を除いてはそれほど不安は感じないのかもしれないと思ったり、飼われているペットなら不安はそれほど感じない生活なのかもしれないなど思ってしまいますが。

不安はできるだけひとつひとつ取り除くことだけでも、安心は得られるようですね。

不安を取り除くための一つはやはり人間関係でしょうかね。

過度に人と親密になるのも大変ですし、適度な距離の人間関係を作っている人と適度に付き合うのが一番良いのかなと思う時があります。

過度に人付き合いに力を入れる人と言うのもなかなか断れない状況が続いたり、何かささいなことで怒りの感情を持たれたりもするのでなかなか難しいのかもしれませんね。

人付き合いでは親戚もいますが、遠くてなかなか会う機会もない場合もありますが、やはりそれなりに交流があった方が良いのではないかとは思いました。

親戚はそこそこ人間性が似ている集まりである場合が多いでしょうし、親戚で何か良くないことがあれば自分にも影響するのであまり悪い結果にはならないよう注意するものなのではないかとは思います。

なので相手にとって悪いことはしない可能性が高いのではないかとは思います。

もちろん親戚同士でも世間体は気にせずに、嫌なことをする場合もあるとは思いますが。

お金の面ではやはりお金があった方が安心ですね。

とくに不安を感じやすくなっている時はお金のことが心配とか、人から見ればそれほどお金の心配をしなくてもいいのではないかと言う状況でも不安になるという場合があるようです。

お金のことを考えると働く時間を増やすとか、そういう選択肢もありますが、今度はそうなると体の負担が増えるとか健康が悪化することも考えられますから調整は難しいですね。

お金のことを考えてお金を多く稼ごうという気持と、お金を使う生活をしたい気持ちと、稼げば健康に影響がある気持ちとなかなか難しいなとは思いました。

お金を使うから稼ぐ、稼ぐから健康が悪化するということなのかもしれませんし、お金はあまり使わない稼ぎにこだわらない健康維持もできなくはないのかもしれないと思うこともありますが。

しかし一生懸命働くことはいいことだとか、稼ぐ額で評価されるとかそういう考えも定着はしていますし、物をもっていて当然だという世代もあるので考えを変えるのはなかなか難しそうではありますね。

長く多く働くことによって嫌なことを忘れられるとか生きがいになる場合もありますし、体調が悪くてもとにかく働き続けるという方もいます。

逆に生活費を抑えるために都会を離れ、給料は少し下がる程度の職業を見つける方もいますし、いろいろな生活がありますね。

会社経営と言うのは人以上の収入があれば、働いてお金が得られるどころか借金を返すために働くような状態にもなってしまいますし、なかなか難しいですね。

中には借金生活からまた金持ちになる方もいますが。

健康もやはり不安を感じる部分ですね。

小林麻央さんはお金にも余裕があり、人間関係でも専門分野を持つ医師が身近にいたり、恵まれた環境にはいましたが、がんが見つかり不安の日がやってくることもある最近のようです。

小林麻央さんはほとんど不安を感じない生活があと20年は続くのだろうなと思っていました。

元々あまり悪い方には感じない考えない方らしいので、それまでもあまり不安や悩み事がない考える必要もなかった生活だったのかなと思ったりもしましたが。

小林麻央さんは大変だと思っていましたが、世の中では小林麻央さんはまだお金があるので、治療の選択肢がある、生活の負担を減らすことができる、子供の面倒は人に頼むことができるので治療に専念できる、環境的にはもっと厳しい人がいるという意見も多いですね。

お金があるという安心感があっても健康に問題が起きれば辛いでしょうし、健康でもお金がなければ不安や辛さも増しますし、いろいろ考えますね。

健康に不安があるお金持ちだとお金があっても幸せとは言えないという言葉がそうなのかもしれないと思いますが、反対に健康でもお金がないとお金がないのもなかなか大変だとはなりますね。

お金があっても幸せではないという言葉は、お金持ちへの関心が高く見ていたら幸せではない面を見つけ、思っていたのと実際とでは違うんだなと言う感想から言われ始めているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です