卓球伊藤美誠、早田ひな負ける

卓球世界選手権個人戦最終日・女子ダブルス準決勝 伊藤美誠&早田ひな組―丁寧&劉詩ブン組の対戦が行われましたが、負け銅メダルになったそうです。

卓球は稲中卓球部などが流行り、卓球部はかっこよくはないという印象を持たれた時期もあったそうですが、今は人気のスポーツとなりましたね。

卓球はそれほどきついスポーツではなく老若男女楽しめるスポーツなので、やっていても楽しく長年楽しめ、技術を向上できるスポーツなのではないかと思います。

テーブルさえあればまあまあ対戦はできますし、楽しめるので人間関係も楽しく和気あいあいと過ごせる遊びでもあると思います。

卓球部というだけで、やはり卓球部ではない人との技術の差は明らかですし、技術は身に付けられるスポーツのようです。

サーブもスピンとか回転が加わり、なかなか打ち返しづらく、やりがいを感じる意欲とかやる気が湧いてくる運動であると思いました。

 

早田ひなは手足が長い

早田陽菜さんは手足が長いと言われていますが、実際に長い感じですね。

手足がひょろっと身長が高い人のような感じの手足です。

身長も166センチあるそうなので、卓球の中では高身長かもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です