劇場版相棒がテレビ放送

相棒の映画首都クライシスが放送されましたが、その相棒も水谷豊さんの年齢により終了説も出ていますね。

まだ来年は放送されるみたいですが17年続き、45歳の刑事が今は60代と言う状態になり定年ではないかという状態になっているそうです。

今回も過去の映画作品数が増えたということもあるかもしれませんが、劇場版相棒を記念してなのか過去の劇場版相棒の放送が多い気はしますし、何か特別な思いも少しはあるのかなと言う風にも感じました。

水谷豊さんは刑事貴族のドラマなど刑事系の作品に多く出演し、今は相棒や刑事系の作品が中心ですね。

時々時代劇風なドラマにも登場されていますが。

ドラマは撮影時間のわりには稼げないという風に言われ、しかしそれでも半年間の放送ドラマを15年以上出続けるというのはそれなりの思いがないとなかなかできない気はしますね。

相棒に出たからと言ってCMなどその他の仕事が急増しているわけでもなく、ドラマ相棒中心なのではやり俳優に対するこだわりが強そうです。

杉下右京も40代と60代とでは印象も違いますが、今の60代でも話に合わないという感じでもなくドラマに馴染んではいるのであと3年は続きそうですが。

テレビドラマの中で毎年同じドラマが放送されるというのはそう多くはないですし、そういうドラマが15年以上続いていること自体凄いですし珍しいです。

そういうドラマになると登場人物の設定も調整しなければならなくなるんだと初めて知りました。

アニメなら何十年も年齢が変わらないことはありますが、ドラマはやはり難しいんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です