生活」カテゴリーアーカイブ

トルゥースリーパー腰痛や体の痛みを軽減、睡眠通販で購入される寝具

トルゥースリーパーの特徴と言えば沈み込まずに体への負担が少ない、快適な状態を維持できるなどが挙げられるかと思います。

 

主に体への負担を少なくすることを目標として作られたマットとか寝具になるかと思います。

トルウスリーパーは高額な寝具が多い中ではまだ手頃な2万円ではあります。

2万円は高級品とも言えますが、今は10万円寝具も少なくはないので、それと比較すると安い風にも感じてきます。
【正規品】トゥルースリーパー プレミアム(シングル)【送料無料&低反発まくら付き!】【True Sleeper】【マットレス】【低反発マットレス】【日本製】【寝具】【低反発】【ベッド】【ショップジャパン公式(SHOPJAPAN)】

低反発でやわらかすぎずに適度に硬さがあるので、体が曲がった状態になるわけでもなく、体をまっすぐな状態で維持できるとか、体を包み込むように全面で体を支える状態になるので安心感とかゆったりとした気分が得られるという声もあります。

睡眠は理想は7時間ですが寝る時間がないとか、寝る時間は会ってもあまり寝られないという方も多いのではないかと思います。

睡眠はできるだけ快適に不快感を取り除くとか、体の疲れをより取れる環境にすることが求められるのではないかと思いました。

睡眠時間はもったいないとか、できるだけ睡眠時間を削減する方もいますが、寝ないと集中力が落ちるとかはかどらないとか、行動の速さが落ちるとかいろいろ支障もでるとも言われているのでやはり寝ることは大事なのではないかと思いました。

睡眠時間が5時間以内とか3、4時間と言う方もいますが、一方でしっかり7時間寝るという方もいたり、どちらかに分かれることが多いみたいです。

また睡眠は老化にも影響があるそうで、しっかりと寝た方が老化の速度が遅くなるのではないかとも言われているようです。

寝ることは生活の基本であるとも言えますし、それなりに時間を取った方が良いのではないかと思うことも多いです。

眠れない場合には温かいものを飲むとか、運動をして適度に疲れるとか、肌にやさしいパジャマを着るとか、まくらの高さを調整するなどの方法も良いそうです。

眠れない方は一度眠れなくなると2日寝ないとか、全く眠くならないという方もいるそうなので日ごろの睡眠や、少しでも寝るということは大事なようです。

 

 

イギリスの高層ビルで火事

イギリスの高層ビルで火事が発生しましたね。

日本ならば、現代の高層ビルならば一室で火事が発生しても上下左右の部屋にはあまり燃え広がらないようにはなているそうです。

部屋の住人も部屋から脱出できる状態ならば廊下を出て逃げることもできるそうです。

とは言え高層ビルとなると消防車のホースが届かないとか、ヘリコプターで消火する方法になるのではないかなどと言われますし、5階建てあたりが鎮火しやすい状況ではあるようですね。

一軒家は木造なので燃えやすかったり、マンションはコンクリートだけれども救助とか消火が難しい場合もあるしで、適度な高さのマンションが暮らしやすいのかもしれませんね。

 

洗濯物は冬よりも夏の方が乾きやすい

冬の洗濯は空気が乾燥しているのですぐに乾くということを言う方がいますが、実際には気温が低い分乾くのが遅いと思います。

いくか湿度が低く乾燥していても気温が低いと乾きづらいはずです。

洗濯物が渇くというのは湿度よりも気温の方の影響を大きく受けるようです。

冬の洗濯物が渇くというのは暖房を使用しているからではないかと言う気もしますが。

実際には夏の方が早くに乾燥して乾きますね。

さらには風などを送ると乾く時間が短くなります。

今は洗濯物衣類乾燥機を使用されたり、部屋に干して除湿して乾燥させて部屋の湿度を上げないように乾燥させるという方法を選ぶ方もいますね。

洗濯物は重ねず、できる限り広げ、間隔を作り隙間から風が通るようにし、干した方が臭いも発生しづらいそうです。

臭い防止した方が気持ちも良いですね。

 

 

睡眠とか快眠とか不眠、眠れない時

睡眠と言うのは日によって眠れるとか眠れないというときがあるみたいですね。

睡眠時間の理想では7時間が適切と言われることが多いです。

朝7時に起きる場合は12時、6時に起きる場合は11時に寝るということになりますがなかなか実現しづらいかもしれません。

人によっては3、4時間寝ているという方もいましたし、逆に睡眠を8時間とってやることを減らすという方もいるようです。

なんとなく睡眠は時間がもったいないとか、睡眠時間を減らして何か違うことをしたいと思われる方が多いようには感じます。

睡眠で眠れない時は何となく寝なければならないと思い、なかなか寝れないとか、寝てもすぐに目が覚めるという場合もあるかと思います。

結局眠れなかったという場合もけっこうあるので、もう眠れないという前提で眠れなくてもいいから布団の中に入ろうという気持ち程度がいいのかなと思いました。

眠れないのは理由があるからとか、眠れなくても良かったということだと割り切るのも方法かもしれません。

寝ることは自然なことであるので、無理して寝ようとすると自然ではなくなりより眠れないという風になっていくのかもしれません。

自然な形で寝転がっているだけと言う方が徐々に眠くなるかもしれません。

眠る時間が適度に長いと元気が出るとか積極的になれるとか、前向きに活動的になる場合があります。

逆に眠る時間が少ないと、疲れて動けないとかやる気がなくなり悪い結果を想像してしまうなど、考え方が否定的とか悪くなってしまうそうです。

思っている以上に睡眠と言うのは生活にも影響しますし、6時間程度は睡眠をとるということを中心に生活を計画された方がいいかもしれませんね。

毎日は無理でも時々寝たいだけ寝るということをされるのもいいかもしれません。

よく休日に寝だめすることは良くないとも言われますが、眠る時間があるのに平日にはあまり寝ないわけではないでしょうし、眠れるなら眠りたいんだよとか眠る時間がないから寝ないだけなんだよと言う方もおられると思います。

平日に寝ていないのに休日の寝だめは悪いから寝ないというのは疲れが残ったままになることも考えられるのでやはり眠たいなら寝た方が良いのではないかと思います。

逆に睡眠不足で休日も眠たいけれど適度と言われる7時間を守っても眠いままとかなんとなくだるいとなってしまっては休日に7時間で理想の睡眠時間を守っても意味がない気がします。

あくまでも休日7時間の睡眠でも疲れを感じないという場合にはいいのであって、疲れているならば寝た方がいいと思いますね。

寝だめは最善ではないにしても、寝ずに疲れたままよりはましとは言えるのではないかと思います。

休日に長く寝るくらいなら、平日にしっかり寝ればいいというのは非現実的である場合もあると思いますし、皆が皆平日に寝られる環境にあるとか、平日の仕事を休日に済ませておけるわけではない場合もあるでしょう。

平日もしっかり寝るとか、休日も7時間程度しか寝ない方がいいというのは本当に疲れたことのない人賀言うことだと言う方も中にはいますね。

本当に疲れている場合は平日に多めない寝ないと大変と言われます。

 

沖縄県のセブンイレブン

沖縄県ではセブンイレブンが進出するそうですが、2019年とかなり遅いですね。

2年後で、去年あたりに話が出ていたのでそこから考えると3年後に実現と言うことになります。

やはり離島なので輸送や調達や生産などの調整には時間がかかるということなのでしょうかね。

昔からですが、セブンイレブンの店舗が撤退とか閉店になることは時々あるので、出せば売れるという時代でもないんでしょうね。

人通りの多い店舗でも閉店し、セブンイレブンのレンガのデザインが残っていることも時々ありますね。