生活」カテゴリーアーカイブ

タイドの洗剤アメリカの脂を落とすと評判の洗剤、通販でも人気

アメリカのタイドの洗剤は油汚れがよく落ちるということでも人気がある洗剤だと思います。

やはりアメリカは油っこい食べ物が多いとか肥満体型の人が多いということで、衣類の汚れもより目立つそうです。

量も多めの大きいサイズでやはりアメリカと言う感じはありますね。

4Lを超えているのでけっこうな大きさではあるかと思います。

スポーツをされている方や力仕事をされている方などが家族にいらっしゃる方などに人気がある洗濯洗剤であると思います。

やはり洗濯物の汚れはやや温めの水とかぬるま湯などで洗った方がよりきれいに落ちるようですね。

熱すぎても逆に落ちづらくなる場合もあるそうなので、汚れに関しては熱すぎず少し暖かい程度が良いみたいです。

あとはあまり多くの水は使わずに洗剤を水や温水で溶かし、濃い濃度の洗剤水に浸け置きした方が良いみたいですね。

その時は色落ちする場合もあるので、そう言う面は気を付けられた方がいいかもしれません。

色が移る場合もあります。

だいたい洗剤で染料が落ちてしまう場合と言うのは、服を着ている時でも他へ色落ちしてしまうので、洗剤で落ちる分は洗剤で色を抜いていた方が他の衣類への影響もでないようです。

やはり洗濯の汚れが残るとニオイとか肌触りにも変化が出てくるので、できるだけしっかりと汚れは落としたいとか、定期的にしっかりと洗う時を作るという方も多いようですね。

汚れが残っているとなんかべとべとするとか、すっきり感があまりないということもあるようです。

下着とか肌着とかインナーの衣類は汚れやすいので、洗剤を濃いめにして浸け置きするとか、洗濯機以外の容器にお湯を入れて洗うという方法も良いそうです。

お湯に関しては温度は60℃70℃まで大丈夫なんじゃないかと言う意見は50℃以上になると衣類が傷むんじゃないかと言う意見などがあるようですが、なかなか難しい話ですね。

繊維や生地の変化があまり気にならない場合にはやや高温でもいいのかもしれません。

アイロンなどを使用されて、短期間で乾かすと生乾きのにおいもあまり発生しないそうです。

衣類は冬になるとそれほど生乾きとか部屋干しなど低温で乾かした時のにおいはあまり出ませんが、秋や春になると少しずつでてきますね。

お湯などで洗うとニオイが抑えられたり、長時間50℃前後の湯に浸けておくとニオイもあまり出てこなくなります。

生地によってはいい悪いもあるので、安い服とかインナーとか温度の影響をあまり受けない生地などが適しているようです。

普段着とかそこらへんの服の洗濯には良さそうです。

アメリカ産とか外国産の衣類洗剤は通販で売られています。

けっこうずっと利用しているという方も多いです。

 

 

朝や夜が暑いのはいつか、気温の話

昼間が暑い、気温が高いのは7月8月ですが、朝や夜が暑いのはどうやら7月上旬から中旬あたりみたいですね。

だいたい8月になると朝は涼しく夜はそれほど暑くはないようです。

それでも夜の気温は28℃よりも低かったりもするそうなので、意外と気温は低いけど暑く感じるということかもしれませんね。

風通しのよいところで計った気温らしいので、部屋の気温は建物に溜まった熱によって高くなっているのかもしれませんね。

実際に部屋の中だと夜でも30℃近いとかそれ以上ということもありました。

昼間の日差しは強く、いくら水分補給をしても汗が出続けるとか、飲んでも飲んでも喉が渇くということがあるので、やはり体温が上がらないよう、日陰で休むなどは必要みたいですね。

福岡県の豪雨災害のボランティアなど復興作業はいくら水分補給をしても暑ければ対応は十分ではないでしょうし、8月中旬あたりまでは作業をしないというのも方法としてはあるのかもしれませんが。

やはり自分の身を守るのは自分ですし、被災された方は大変でしょうがやはり安全は大事ですからね。

今後台風などがやってくるかもしれないことを考えれば、復旧復興しても再び災害が起きる可能性もなくはないでしょうから、自然災害が落ち着く頃になって初めてもいいんじゃないかとも思いますが。

 

 

 

7月は暑い、気温が高くなる

7月はやはり暑いですね。

夏休みが7月20日頃から始まる理由は気温が高くなるから、暑くなるかららしいですが本当にこの時期から暑くなりますね。

夜もあまり涼しい感じはしませんし、28℃あたりでも冷房の28℃の部屋とはまた違う感じがしました。

昼間の時間は6月下旬が長く、7月20日頃には短くなっていますがそれでも暑いですね。

日本で暑いとか気温が高いのは埼玉県、岐阜県、四国、東北など、盆地とか山に囲まれた場所とか都市部に近い場所らしいですね。

大阪市も都市部の中では気温が高くなりやすいそうです。

7月はだいたい昼間だと32℃から37℃あたりになる場合が多いようです。

 

 

真夏は買い物でも寿司の鮮度が落ちるかもしれない

寿司とかさしみとかそういう食べ物は夏でも食べますが、数十分の持ち運びでも鮮度が落ちる場合があるみたいですね。

とくに自動車のトランクなどに入れる場合にはニオイが出たり変化があるようです。

どうやら脂の多い魚の方が脂が少ない魚に比べて腐りやすいそうです。

魚は鮮度が落ちるとニオイが消えない、焼く、ゆでる、わさびやレモンなどでにおいを取ろうとか消そうとかしても改善しないのでやはり温度には気を付けられた方が良さそうです。

アイスのように氷と一緒に入れるとか、保冷剤を持ち歩くとか、クーラーボックスを車の中に常備しておくなどの対策はやっていて損はないかもしれませんね。

自転車は徒歩で数十分持ち歩くよりも自動車の方が高温にさらされやすいようです。

今まではそんなに温度とか室温とか気にせずに対応していましたが、真夏の昼間はやはり影響は出るみたいですね。

できれば夕方や夜などに買い物をするとか、冷凍食品なども一緒に購入するなど7月8月は普段よりも気を付けられた方が良さそうです。

夏は冷蔵庫も冷えづらくなり、さらに冷蔵庫に多くの食品を入れて置くと冷えきれずに冷たくならない状態になるようなので、夏は買い置きはあまりしないとか、冷蔵庫のものを食べてから買い物をされた方が良いみたいです。

 

 

冷風機、冷たい風が出る冷房っぽい機械

冷風機は冷たい風がでる風を出す機会と言う感じですが、けっこう売れていますね。

冷房が壊れたとか、あまり冷房は好きではないという方などが使用されているようです。

冷風機は時々使っていましたが、ないよりは涼しいという感じですね。

かなりの猛暑とか高温な室温とかそういう暑い時はあまり効果が出にくいという風にも言われますが、だいたい30℃前後の時に涼しく感じるという効果があるとも言われています。

電気代もエアコンよりも安いんじゃないかとも言われているので、猛暑意外に使用されると電気代の節約になるかもしれません。

冷房はだいたい1万円前後ほど電気代として1ヶ月にかかる場合があるので、ひと夏で2万3万円の節約になるかもしれません。

冷風機の価格はだいたい1万円から2万円なので、エアコン5万6万円よりも安いです。

都会で高温な地域でないところに住まわれている方は、冷風機やサーキュレーターだけでも困らないかもしれませんね。

北日本は夏の期間も短いとも言われるので、1ヶ月程度の暑い時期を乗り越えられる方はエアコンは必要ないかもしれませんね。

やや湿度が高めなので夏とか梅雨の湿気の多い季節以外に、やや温かい季節に保湿的な目的でも利用できるかもしれません。

夏の暑さ対策としては日差しが部屋に照らされないようカーテンやすだれを使用する、室温を外へ逃がさないようにする、濡れたタオルなどで体の熱を取る、体を濡らして水分で熱をとる、薄く風通しの良いゆったりとした部屋着を着るなどがあるかと思います。

冷房を使用する際はやはり電気代のことを考えると小さめの部屋がいいかもしれませんね。

あるいは一箇所にまとまって一緒に居て、1つだけエアコンを使用するなどがいいかもしれませんね。

昔は朝は涼しいとか、昼は少し汗が出る程度だった感じですが、ここ数年はもう朝から熱風で暑いとか、汗が止まらないとか気温も上昇しているようです。

だいたい7月中旬から8月の中旬頃までが朝も夜も暑い状態になるようです。

そこをすぎれば昼だけ暑い状態になるようです。