有名人とがん」カテゴリーアーカイブ

小林麻央とがん2017年6月

小林麻央さんは体調はそれほど良くはなさそうですが、安定はしてそうですね。

在宅医療でも小林麻央さんにとってはまだ楽な方だと言われるほどの状態にできるものなんですね。

しかし積極的により快適な体調をつくるという風ではなく、きついとか痛いという訴えに対して改善方法を考えるという形を取っているようです。

やはり病院としては医療で体そのものが治療されるということ以外はあまり関与しないとかしづらいのでしょうかね。

食べ物も固形状態で食べづらい様子で、要望して食べやすい流動状態にしてもらったそうです。

今は酸素を補充しているようですが、肺にも転移しているそうなので今は酸素の補充は欠かせないのでしょうかね。

10年前は小林麻央さんはお天気を担当したり、ニュース番組を担当していましたが、充実した日々は送ってそうでしたね。

小林麻央さんが30代前半で病気になることを考えれば、もしテレビの担当の仕事をやっていなければ今頃あれやこれをやってみたかったという思いにはなっていたかもしれませんね。

そう言う面では結婚前にやりたいことをやってこれた方ではありますね。

小林麻央さんの言われるように小林麻央さんの人生はがんのこと以外にもたくさんありますね。

今は息苦しさなどがあり、人となかなか会話ができない時もあるそうですが、ブログの記事からはそういう雰囲気も見えないので耐えたり意識を高めたり、気持ちの面から元気でいようという意思は強く持っておられるようですね。

夫の市川海老蔵さんがさとりのような世界と言っていましたが、極限状態とか辛い状態に直面するとやはり自然に思うこととはまた違う、物事に対してより幸せを考えたり感じたり、いつもとは違う様子になったりするのかもしれませんね。

 

小林麻央、子供は変わらずに接することも

小林麻央さんの子供達は母親の病気のことはあまり理解していないところもあるようで、一時的に体調が悪いだけとか時間が経過すれば元気になると思っているそうです。

市川海老蔵さんが言う命に関わるような病気という風には思っていないようですし、あまり理解できない年齢かもしれませんね。

小林麻央さんはいつもと同じように接してくれる子供達に安心することもあるようです。

前から手術の前後などは車いすを使用されていましたが、今は日常生活でも使用されているようですね。

昔は歩きづらい時でも外であってもゆっくりと歩いていたようですが。

体調が悪い時など一時的に使用されていたようでした。

今は日常的に使用されているのでしょうかね。

病院も今は本人の意思を尊重して在宅医療で対応しているようにも見えますし、小林麻央さんの体調はどうなのだろうと気になりますね。

本当は病院で対応するほどの病状なんじゃないかと思ってしまうこともあります。

 

小林麻央の乳がんの1年

小林麻央さんは今は自宅で過ごしていますが、1年間でそれほどの癌の変化はなさそうな気もしますが、でも外出していた頃と比較するとやはりがんは悪化したのかなと言う感じもしますね。

がんの転移も続いているそうです。

小林麻央さんのがんの経緯と言えば、胸から脇から肺とリンパから骨へと広がっていったそうです。

他にもどうやら目に見えるところにもがんがあるのではないかとか、手術というのも部分的に表面を中心の取り除いたのではないかと言われていました。

今の癌治療とか抗がん剤の治療はどうなのかと気になりますが、今はがんの箇所ごとの薬ではなく、体質や遺伝子に合う薬で選別されるそうです。

抗がん剤などが新しく出たというよりも、選び方を変えたという感じらしいですね。

しかし合う薬がなかなかない場合もあったり、個人差もあるそうです。

合う薬がなかなかない場合は1年半から2年ほどの抗癌剤治療になるそうです。

どうやら徐々に強い薬になり、髪の毛も抜ける場合があるみたいですね。

小林麻央さんは30代前半でがんになりましたが、やはり若い年齢だと感覚が敏感で、逆に高齢になると意識も薄れたり感覚も鈍くなるそうなので痛みの感じ方も違うんでしょうね。

高齢になると寒さも分からないとか感覚が鈍くなるとか意識も少し薄れつつあるようで、そういう感じ方はやや違うかもしれませんね。

40代で乳がんなどがんで亡くなる方もいるようですが、それでも若いと言われますし、小林麻央さんも危険な状態に33歳でなったそうなので、もっと若いということになります。

高齢でがんになったらがんの速さも遅く考える時間や準備の時間もあり年齢も生きることを重視できますが、若いと癌が速く考える時間もなかったり心の準備の余裕もなかったりで難しい状況には置かれますね。

 

 

 

小林麻央とがん

小林麻央さんは乳がんの治療を受けていますが、批判されることが多い時もありますね。

理由としては高額な治療費で恵まれている治療体制だからとか、ブログ収入が多いからとか、治療内容があまり明かされないからなどいろいろあるみたいですが。

他にも前向きな発言が同じ癌患者や乳がん患者の方への配慮が足りないように感じ取られるなども原因となってしまったようです。

三人目の子供を望めない、子作りできないことを悲しみ高望みなのかと書いたことももしかしたらいけなかったかもしれませんね。

世の中には不妊治療中とか子供を望んでもできなかった夫婦もいるでしょうし、そういう人からは子供が二人いるだけでも幸せだろうと思われた可能性もあるかもしれません。

こばやしまおさんは週刊誌記事を時々読むこともあるそうなので、もしかしたらヤフーの記事やコメントなども見ている可能性はありますね。

以前に比べるとことわりとか、配慮の面が増えたようにも見えるので、世の中の声というのは知ってそうです。

最近6月上旬は市川海老蔵さんがインタビューの応えているようですが、入院前後の時期は質問に答えることが多いですね。

日に日にやはり体力が落ちて行っている風にも見えますが、元々が癌を消していく治療ではなくより楽に生活できるような処置だったので、やはり病気と言うのは進んでいくのでしょうかね。

12月の頃も痛みがあるとか、食欲がないという風にも書かれ病状は重そうでしたが、今振り返るとまだ病状は悪い方ではなかったのかもしれませんね。

本当に悪い状態だと意識がもうろうとするとか、あまり起き上がれないなどの状態になるそうです。

高齢になると感覚も昔より鈍感になったり、意識もはっきりとしなかったりになることがあるそうですが、若い年齢だと敏感な中でがんを感じるので痛みもより大きいのかもしれませんね。

 

小林麻央、体調が悪化する高熱や痛みなど

小林麻央さんは退院後、食べる量が増え、子供達もいる中で生活し、体調はよくなったように見えましたが、今は熱が出て痛みもあり、汗もかなり出るそうで苦しさが二重三重と降りかかってきているように見えます。

経過から見ると今の医療で体調が回復するという雰囲気もなさそうな風にも見えたり、1年後も今のように体調が悪いまま過ごしているのかとか1年間体調が悪い状態で過ごすのかと思うと想像しづらい部分もありますし、なかなか分からないことですね。

小林麻央さんのがんが消えて、痛みもなくなり熱も下がり、歩けるようになって公演に行ったり外食に行ったりということがなかなか想像しづらい今の癌治療というのが現実なのでしょうかね。

病院の方が体は良好のようですが、でも家族と過ごしたいという気持ちが強く退院を希望されたのかもしれませんね。

食事量が増加というブログ記事も病院食が悪いような言い方ではないかという批判もありましたが。

病院によっては美味しいごはんを提供するというよりも、可もなく不可もなく幅広い人に合うような食べやすい食事を作るそうなので、それほどおいしいわけではないそうです。

塩分や糖分などもそれほど使えないでしょうから、味付けなども限界があるのではないかと言う気もします。

がんは重い状態だと高熱が出る場合もあるそうなので、今は悪化している状態で、がんもやや重い状態なのかもしれませんね。