有名人とがん」カテゴリーアーカイブ

小林麻央が亡くなってから

小林麻央さんが亡くなってから1ヶ月ほど経過しますが、小林麻央さんは最近の世の中のニュースを知らないんだろうなと思うとやはり現実の中で生活はされていないんだなと感じることもありますね。

今まで食べていた食べ物ももう今は食べる姿が見られるわけではないのでしょうし、より小林麻央さんが亡くなったんだなと感じますね。

長女のれいかさんも私立の幼稚園に行く予定だったそうですが、一転して違う幼稚園へ通ったそうですね。

親はお金持ちで、私立に行けばあとはそこそこのんびりした学校生活だったんでしょうし、それが母親も亡くなり幼稚園も変更となるとは。

しかし小学校へはまた受験をするそうです。

気持ち的には大変でしょうが、生活面では片親の生活とはまた違う状態にはなりそうですね。

実際には歌舞伎関係者などの人に囲まれながら生活するようです。

小林麻央さんは標準治療ではなく違う治療を選んだことでがんが進んでしまったんじゃないかとか、治療しても癌の広がりが早く再発する可能性だってあったし治療してからと言って良くなったとも言えないなどいろいろな意見がありますね。

週刊誌では市川海老蔵さんが治療には納得できない部分があり入院費などを支払っていないという記事が出ていましたが実際はどうなんでしょうかね。

海老蔵さんからしっかりと支払ったという反論が出ていないようですし、支払ったのに支払っていないと言われては事実ではないことで悪い印象を持たれてあまりいいことではない気がしますが。

がんなど病気の治療では専門的なことも多く、どちらがいいのかとか、治療が困難なのか成功するのかどうかなどなかなか一般の人は分からないので、最善の治療を受けられなかったのではないかという気持ちになることは珍しくはない気もします。

正月1月には毎年市川海老蔵さんの1年を追った番組が放送されますが、今年は小林麻央さんの姿と言うのはなかったので、気持ちの面でも3人で支え合いながら生きていくという思いもあったのかもしれません。

去年の正月、1年前の年末には小林麻央さんもかなり体調が悪そうでしたが、一日を乗り越えていったら1年経過していたということもあるという応援もありましたが、がんの広がりが早かったのか、その半年後に他界されました。

もしあれから1年後も今も生活していたとなってももしかしたら体が辛いままかもしれませんし、それを考えるとかなかな辛いですね。

小林麻耶さんとの再婚の話があるという情報が週刊誌などに書かれることがありますが、海老蔵さんの方が拒否しているとか、支援者は後押ししているとか、今交際している人がすでにいるとかいろいろ話が出てきますね。

いろいろ書かれて二人も気まずい気持ちにもなりそうですが、二人の親も複雑な気持ちかもしれませんし、二人が子供のためにもみんなで支え合いたいと考えていても周りの人の理解もないとなかなかそういう関係にはならないでしょうし、海老蔵さんの再婚というのもまだまだ先かもしれませんね。

子供にとっては小林麻央さんへの思いはあるでしょうし、でも母親のような人が欲しい気持ちもあるかもしれませんし、再婚するなら子供ができるだけ小さい時の方がいいかもしれませんし難しいですね。

小林麻央さんは去年の年末年始は入院して体の痛みをブログに書いたりと大変そうでしたが、実際には落ちていた食欲も戻ってきたりと回復はしていた状態だったみたいですね。

それでも亡くなったので健康とか回復と言うのは長期間続くものではないんだなと感じますね。

子供にしても今も辛い気持ちはあるようですし、市川海老蔵さんも治療方法など悔やむ思いももしかしたらあるかもしれませんが。

子供にとっては手術を受けなかったのではないかと言う話を大きくなって聞くといろんな思いになることもあるのかもしれません。

手術は拒否したにしても抗がん剤治療は早くにできなかったのかなど病院で治療を受けていればがんの状態も進み具合が遅くなっていたのかもしれませんし、今もいろいろ思う気持ちがあるのかもしれませんね。

がんは歳をとったと言われる人でも手術はしたくないと考える方もいるそうなので、30代でがんというのはなかなか考えや選択肢が難しいかもしれませんね。

約50歳の北斗晶さんでも手術を避けたいと思ったそうですし、それを説得された結果手術を受けたので医師とか知人の説得も大きいのかもしれませんね。

北斗晶さんの場合は温存とかそういう事を考えている場合ではないと言われ、重大さを実感したそうです。

北斗晶さんは今でもやはり再発は気にしているんでしょうね。

昔はテレビには毎日出ているんじゃないかと思うほどよく出演していたみたいですが、現在は時々出る程度になってますね。

病気のことが原因ではないかもしれませんが、もしかしたら体調も仕事が続けられるほど良好ではないかもしれませんね。

小林麻央さんの子供達は普段は元気に今も生活に集中しているそうですが、時々小林麻央さんのことを思い出し悲しむそうですね。

小林麻耶さんがいるとは言え小林麻耶さんも今の立場ではおばの状態で母親としては振る舞えませんからね。

子供達にとっても母親のような人と思っていたら、おばが結婚し離れていったとなれば傷つくでしょうし、簡単には決められなさそうです。

小林麻央さんは人間ドッグを受け再検査が必要とか、自分でも気に掛けるなどして発見されたという感じでしょうが、それがなければなかなか気づく機会もなかったのかもしれません。

検査で病院に行くなど気になってはいたけれども、治療方法はなかなか受け入れられないという思いで葛藤はあったんでしょうね。

 

 

小林麻央月命日逝去してから1ヶ月

小林麻央さんが他界されてから1ヶ月が経ちましたが、普段から小林麻央さんと接していない立場にとってはブログ以外は小林麻央さんがいなくなった感覚が感じられないこともあるかと思いますが、家族はやはりまだ1ヶ月ではいなくなったのが信じられない感覚でしょうね。

子供にとっては母親が必要な年齢だけど、過した時間が短く母親との関係をまだ体験してない部分もあるでしょうし、でも体験していないから悲しい気持ちもあったりなかなかどういう感情になるのか分からない面もあるでしょうしまだよく分からないこともあるでしょうしどういう思いで今を過ごしているのかは想像がつきませんね。

幼い頃に母親を亡くした子供の中にはまだ状況が分からず、悲しい様子はなかったりでも成長していくにつれていろいろ考えたり他の親子を見て思ったり、悩みも出てくるみたいですね。

母親を亡くした家庭でも人が大勢いて賑やかなところもあれば、父親と子供だけであまり会話の時間がないなど静かなところもあるみたいです。

母親が100歳生きることもあれば20代のうちに亡くなられることもあったり、でもなかなか変えることはできなかったのかもしれないし、人生いろいろありますね。

れいかちゃんやかんげんくんは祖母が2人もいるのに母親はいないというのもまさかの状況にも思えますね。

小林麻央さんは家族性のがんだったんでしょうかね。

母親は麻央さんよりも身長が高いそうなので、麻耶さんよりも麻央さんの方が母親に近い遺伝子なんでしょうかね。

小林麻央さんはさいごまでブログを更新されていましたが、もう命が短いとなったらブログをやめて更新を減らして子供と過ごす時間になるんじゃないかと思っていましたし、子供もまだ小学生ではないので幼稚園保育園を休んでずっと小林麻央さんのそばにいるんじゃないかと思っていました。

しかしそういう様子がないのでまだ危険な状態ではないんだろうから心配は必要ないんじゃないかと思っていました。

麻央さんはいつも通りずっとブログを書いてくれた感じですし、子供達もいつも通り幼稚園へ行っていたという感じですね。

子供にとってもいつもとは違うよりもいつも通りの方が良かったのかもしれませんね。

 

小林麻央が他界した

小林麻央さんが他界されましたが、麻耶さんはブログの更新はしていませんね。

ずっと一緒にいて、仲が良い姉妹だったそうですね。

小林麻央さんが他界される前1ヶ月ほどは海老蔵さんはなんとなくブログの雰囲気も落ち着いているような、もしかしたら元気がないような、昔ほど麻央さんのことには触れなくなった風にも思いましたが、覚悟とかあまり考えたくない面もあったのでしょうかね。

歌舞伎、梨園の世界では妻がいないと大変とか、いつかは再婚も考えないといけなくなるんじゃないかという声もあるそうですがそういうものなのでしょうかね。

中村獅童さんは8年程度独身だったそうですし、坂東三津五郎さんは再婚したり、離婚や再婚は珍しくはないようですが。

姉の小林麻耶さんは子供の送り迎え世話をしていたそうです。

それでも母親っぽくはせず、支えるという立場で関わっていたそうです。

2018年1月8日には市川海老蔵さんの日々を追った番組が放送されましたが、小林麻央さんの様子は放送はされませんでしたね。

娘のれいかさんがハワイでケーキを食べ、ママもケーキを作っていたママのケーキはおいしかった、今日もままがケーキを作ってくれればよかったのにと話していました。

小林麻耶さんは海老蔵さんの子供の受験にも協力し、ハワイ旅行へも同行しているそうですが、テレビ番組の中ではほとんど出てきませんでした。

歌舞伎関係者の方などや蕎麦店が出てきた以外はあまりありませんでした。

子供の世話や学校のことなどは麻耶さんに頼んで、用事がなくなったから距離を置くというのは考えづらいですし、今でも影では目立たない所では支えているのかもしれませんね。

かんげんくんは稽古が嫌いになる時があるそうですが、海老蔵さんもけっこう厳しくまだ終わってないんだからと出演を続けるように話していました。

まだ幼い頃は本人の意思を尊重とか、本人が嫌いにならないよう嫌いにならないさえすればいいという感じのことを話していましたが、それでも歌舞伎が嫌だと思ってしまったら、やはり強行に出る以外にはないのかもしれませんね。

そんなに厳しくしなければ子供は嫌がるまではいかないだろうと思っていてもなかなか思い通りにはならないかもしれませんね。

歌舞伎の中でも市川海老蔵さんの成田屋は名門とのことなので、やはり後継ぎはなんとかして継がせていきたいのでしょう。

ハワイの出来事は麻央さんが亡くなってから数か月後の話だったようですが、やはり麻耶さんがお母さんのような感じにはなかなかなれないところもあるんでしょうかね。

かんげんくんも時々悲しいとか淋しいみたいなことを言っていたり、気を使うことなくいろいろ話したり受け止めてくれる人と言うのがなかなか母親以外にはいないのかもしれませんね。

市川海老蔵さんには二人の子供は懐いているので、海老蔵さんが多くの面倒を見ているのかもしれません。

なかなか大変なことではありますね。

 

 

 

 

トレンディエンジェルの斎藤司の母親も30代で他界

トレンディエンジェルの斎藤司さんは母親が38歳でがんで他界されたそうですが、小林麻央さんとは4歳しか違わず、幼い時に亡くなったのかと思ったら、斎藤さんが17歳の時の別れだったそうです。

母親もまだ若く、さいとうさんも未成年ではありますが、まだ一緒に過ごした時間は長かったんですね。

時々高校生球児が高校生時代に母親を亡くしたと言う話は聞きますが。

子供を早くに産むということだけでも子供にとってはある程度大きくなるまでは元気であるという状況にはなるんでしょうね。

小林麻央さんもあと4年生きていればれいかさんは9歳、かんげんくんは8歳なのでまた違う感じではありますね。

小林麻央さんが他界されて、れいかさんは状況は分かっているそうですが今は元気がなくなっている様子ではなく、かんげんくんは分かっているところと分かっていないところがあるそうです。

がんの患者の方は最期は病院で過ごすと思っていただけに、小林麻央さんは自宅で過ごしていたのでまだ元気なんだろうと思っていましたが。

小林麻央さんがあごの転移が見つかった時には、検査で見つかるというわけでもなく転移を防ぐようでもなく、本人からの申告だったのでもう治療法がない様子には感じていましたが、がんが悪化するとがんの広がりを止めようということも行わないものなのですね。

小林麻央さんは桃が好きだったり、亡くなる前日はオレンジジュースを飲んだりしたそうです。

ブログを見ているとつい最近まで日々のブログを書いていたのに、ブログは今も元気なんじゃないかと思うような思わせるような雰囲気が出ています。

 

 

小林麻央が他界した、34歳

小林麻央さんが死去されましたが、海老蔵さんのブログには逝去されたのではないかと言う文があり、その記事を出した理由が家の前にマスメディアが集まっていたからと言うのが理由だったそうです。

ブログを更新したので集まってきたわけではないそうで、病院関係者の出入りや家族が集まったとか、小林麻央さんのブログの写真を見てかなり衰弱しているのではないかという予想もされたのでしょうかね。

テレビを見ていた方によると11時前後か11時過ぎあたりにニュース速報が流れ、昼のニュースでも取り上げられたそうです。

小林麻央さんのブログの写真はかなり細り、疲れも見えていたのでいつもとはまた違う表情だなとは思いましたが、まさかブログ更新の3日後に他界されるとは思いませんでした。

でもあんなに細くなってこれからずっと元気に生活するというのもなかなか想像はつきづらいのでかなり厳しい状態ではあったのかもしれませんね。

他界する前と言うのは何日間か意識がもうろうとするという話もありますが、前日以外は会話ができるほどだったそうです。

個人差はありますが体と言うのは脂肪はなかなかなくらないこともありますが、脂肪がなくなると急激に体重が落ちてしまう場合もあるそうなので、体力面でももう力が残っていない状態だったのかもしれませんね。

ブログはもう更新されることはないのかもしれませんので、小林麻央さんがいなくなったんだと実感はしてしまいそうです。

とくに市川海老蔵さんは麻央さんと結婚してから住み始めた家や、つい最近まで麻央さんが使っていたものも多くあるでしょうし、持ち主がいなくなった私物を見ると辛いかもしれませんね。

ここ数ヶ月は小林麻央さんを中心にした生活だったでしょうから、その変化にはなかなか慣れないかもしれませんね。

小林麻央さんとえびぞうさんの結婚生活は7年ほどでしたが、なんとなく30年は一緒に過ごすんだろうなと結婚会見の時には思っていましたが。

世間と小林麻央さんは直接の関係があるわけではありませんが、なんとなく麻央さんが居て当たり前みたいな、ブログを更新し続けることがそれを読むことが日常生活の一部になっていた場合もあるので、信じられない思いもありますね。

小林麻央さんが乳がんのがん摘出を行わなかったのはなぜかとか、理由についてはいろいろと説がありますが、週刊誌では摘出の必要はないと思っていたとかうまく麻央さんに伝えられてなかったというものや、小林麻央さんが摘出を望まなかったという情報などいろいろあるようでした。

小林麻央さん自身乳がんの専門医の知り合いが数人おり、母親も乳がん経験者と言うことなので、説得はしたんじゃないかという気もしますが。

一方で精密検査までの間にがんが進行してしまい手術が不可能だったかもしれないという情報もあるみたいですね。

8ヶ月後にはリンパ節まで転移して、リンパまで転移すると全身に転移の可能性があるそうなので、その2ヶ月前ならまだ大丈夫だったのかはなんとも言えないですね。

小林麻央さんにとっても8か月前に検査してくれたら切除も小さく行う程度だったのではないかという複雑な思いもあったり、気持ちが整理できなかったのかもしれませんね。

検査は完璧ではないそうですが、何度か検査をすれば見つかったかもしれないということでしょうかね。

小林麻央さんは人を信じようという気持ちも強そうなので、セカンドオピニオンとか違う病院へ行って相談するというのはあまり良くないと考えたのかもしれませんが。

海老蔵さんにとっても麻央さんが亡くなったことだけではなく、もっと病院を探せばよかったとか、相談すればよかったという思いもあるのかもしれませんね。

小林麻央さんが年末年始にも体調が悪そうでしたが、1日を過ごしていけばまた年越できるとか、目標を作ってそれまでがんばってを繰り返していれば気付けば年を取っているかもしれないなど、励ます声もありましたが。

もし海老蔵さんのついでとして検査もしなければ、意識せずもっと進んだ状態で気づいたかもしれませんし、進む速度も麻央さんは速かったそうなので、30代で乳がんになるというのはなかなか厳しい状態なのかもしれません。