月別アーカイブ: 2017年3月

小林麻央とがんのこと、人の不安など

小林麻央さんのブログは時々見ていましたが、やはり体の容体と言うか健康が安定しているとなかなかブログは見ない時期と言うのは続きますね。

逆に不調な状態が続くと大丈夫かなと見てしまいます。

小林麻央さんは今はバリアフリーが整っているマンションで生活しているそうで、食事を作るなど動ける状態にはあるそうです。

逆に言えば今もやはり足がしびれや体力の低下などであまり歩けない状態なのかもしれませんが。

小林麻央さんはもともと都心に住んでいたので、子供の保育園や幼稚園は転園とか変えたというわけでもなさそうですね。

私立の保育園幼稚園のようですが、倍率が高く入れなかったというわけではないのですね。

保育園幼稚園でも私立はそれなりに費用が高いのでしょうかね。

時々付属幼稚園とかそういうところを見かけますが、ごく普通の家庭の子供も通っているので、格別に料金が高いという感じにも見えませんでしたが。

幼稚園によっても違うのかもしれませんが。

小林麻央さんも病気なので不安があるそうですが、普段の生活ではあまり不安は見せませんね。

家では海老蔵さんとはブログとはまた違う姿を見せ、夫婦の人間関係があるのかもしれませんが。

不安なあなたがゆっくりラクになるメッセージ [ LICO ]

不安は世の中で言うと、人間関係、お金、健康などさまざまなものがありますね。

もし人間ではなく動物であればごく一部の状況を除いてはそれほど不安は感じないのかもしれないと思ったり、飼われているペットなら不安はそれほど感じない生活なのかもしれないなど思ってしまいますが。

不安はできるだけひとつひとつ取り除くことだけでも、安心は得られるようですね。

不安を取り除くための一つはやはり人間関係でしょうかね。

過度に人と親密になるのも大変ですし、適度な距離の人間関係を作っている人と適度に付き合うのが一番良いのかなと思う時があります。

過度に人付き合いに力を入れる人と言うのもなかなか断れない状況が続いたり、何かささいなことで怒りの感情を持たれたりもするのでなかなか難しいのかもしれませんね。

人付き合いでは親戚もいますが、遠くてなかなか会う機会もない場合もありますが、やはりそれなりに交流があった方が良いのではないかとは思いました。

親戚はそこそこ人間性が似ている集まりである場合が多いでしょうし、親戚で何か良くないことがあれば自分にも影響するのであまり悪い結果にはならないよう注意するものなのではないかとは思います。

なので相手にとって悪いことはしない可能性が高いのではないかとは思います。

もちろん親戚同士でも世間体は気にせずに、嫌なことをする場合もあるとは思いますが。

お金の面ではやはりお金があった方が安心ですね。

とくに不安を感じやすくなっている時はお金のことが心配とか、人から見ればそれほどお金の心配をしなくてもいいのではないかと言う状況でも不安になるという場合があるようです。

お金のことを考えると働く時間を増やすとか、そういう選択肢もありますが、今度はそうなると体の負担が増えるとか健康が悪化することも考えられますから調整は難しいですね。

お金のことを考えてお金を多く稼ごうという気持と、お金を使う生活をしたい気持ちと、稼げば健康に影響がある気持ちとなかなか難しいなとは思いました。

お金を使うから稼ぐ、稼ぐから健康が悪化するということなのかもしれませんし、お金はあまり使わない稼ぎにこだわらない健康維持もできなくはないのかもしれないと思うこともありますが。

しかし一生懸命働くことはいいことだとか、稼ぐ額で評価されるとかそういう考えも定着はしていますし、物をもっていて当然だという世代もあるので考えを変えるのはなかなか難しそうではありますね。

長く多く働くことによって嫌なことを忘れられるとか生きがいになる場合もありますし、体調が悪くてもとにかく働き続けるという方もいます。

逆に生活費を抑えるために都会を離れ、給料は少し下がる程度の職業を見つける方もいますし、いろいろな生活がありますね。

会社経営と言うのは人以上の収入があれば、働いてお金が得られるどころか借金を返すために働くような状態にもなってしまいますし、なかなか難しいですね。

中には借金生活からまた金持ちになる方もいますが。

健康もやはり不安を感じる部分ですね。

小林麻央さんはお金にも余裕があり、人間関係でも専門分野を持つ医師が身近にいたり、恵まれた環境にはいましたが、がんが見つかり不安の日がやってくることもある最近のようです。

小林麻央さんはほとんど不安を感じない生活があと20年は続くのだろうなと思っていました。

元々あまり悪い方には感じない考えない方らしいので、それまでもあまり不安や悩み事がない考える必要もなかった生活だったのかなと思ったりもしましたが。

小林麻央さんは大変だと思っていましたが、世の中では小林麻央さんはまだお金があるので、治療の選択肢がある、生活の負担を減らすことができる、子供の面倒は人に頼むことができるので治療に専念できる、環境的にはもっと厳しい人がいるという意見も多いですね。

お金があるという安心感があっても健康に問題が起きれば辛いでしょうし、健康でもお金がなければ不安や辛さも増しますし、いろいろ考えますね。

健康に不安があるお金持ちだとお金があっても幸せとは言えないという言葉がそうなのかもしれないと思いますが、反対に健康でもお金がないとお金がないのもなかなか大変だとはなりますね。

お金があっても幸せではないという言葉は、お金持ちへの関心が高く見ていたら幸せではない面を見つけ、思っていたのと実際とでは違うんだなと言う感想から言われ始めているのかもしれませんね。

小林麻央が周波数の治療も実施している

小林麻央さんは今は体調が良さそうですね。

今はソフフェジオ周波数と言う治療もしているそうで、528Hzは細胞を修復する力があるそうで、行っているそうです。

でもこういう治療はみなができるわけではないとか、お金がないとできないということで、批判を受ける場合もありますね。

たしかに病状が重い人とか治療法が亡くなっている人への配慮が足りないと言われるかもしれないなと思う言動はあるのかもしれません。

小林麻央さんにとっては自分の元気や可能性を伝えたいという思いや考えがあるのだとは思いますが。

小林麻央さんのこれまでの治療と言えば、にんじんジュース、酵素風呂、日光浴、笑うこと、サプリメントなど高栄養食品を食べることなどいろいろありました。

今は元気ですしずっと元気と思っていたら、実は痛みが続いていたという情報もあるので、今はあまり痛みのことは言わないようにしているのかもしれませんね。

癌の治療費は高いと月300万円とか1回の薬使用で100万円とするそうですから、かなり大変ですね。

年齢が高いと中にはもう治療はあまりしないという選択をする人もいるみたいですが、お年寄りはけっこう治療をしっかりとして長生きされている人もいるので、結局治療に力を入れるという人は多そうですが。

継続って大事だな

継続って大事ですね。

毎日とかいつもとかではないにしてもそこそこ続けることは大事ですね。

今までの努力を苦労を無駄にせずにできるだけ長く、将来にも生かすことが大事だなとか、大事だったんだなと思うことが最近増えました。

なんとなく使い捨て感覚で、使えなくなったらもう捨てればいいやとかもう使うのはやめようと思ってしまいがちでしたが。

ずっと続けている人、今何かが3000回以上という人は10年近く毎日続けたんだろうなと思うと凄いなと思います。

どこか諦めることも大事なのだとか、むしろ諦めている人の方が良い人生を送っているのだとも感じていました。

見極め諦め終える捨てる変えるなどなどそちらの方を重視していましたが、でもこだわることしか考えないというのも問題はあるのかもしれませんが。

タモリさん笑っていいとも30年間、徹子の部屋の黒柳徹子さん40年間、とくダネの小倉智昭さん15年などなど、こつこつの結果ですもんね。

身近にこつこつ続けてきたのに辞めてきたことがある気がします。

結局その時から今までのこつこつが無効で無意味になっているのではないかと感じますし、それを無駄にしないようにしなければなと思いました。

仕事がきついという仕事も多いですし、人間関係が厳しい職場とか一度決まるとずっと同じことを続けるという場合もありますし、大変なことも多いですね。

プロ野球選手なんかも実質中学生あたりから始め、40歳あたりで引退なので30年間試合を続け、投げるとか打つとかの繰り返しですから、ある意味凄いですね。

でも時々継続は大事だという人が、職を転々としたり、結局は派遣や契約社員の変更ばかりでいろいろ変わるということもありますし、難しさもありますね。

堀北真希は引退とか引退ではないとか

堀北真希さんが事務所をやめ、芸能界引退とか引退ではないなどいろいろ噂されていますが、子供のことを考えるとあまり表には出たくないかもしれませんね。

堀北真希さんの噂とかこれまでの過去の様子などはあまり明かされませんでしたが、元々学校が好きでまじめとか、芸能界はあまり好きではないという風には言われていました。

妹はネイルサロンなど美容系の店で働いているそうで、勉強して企業に勤務して上司の指示を聞いて働く、と言う感じではないのでどちらかと言うとできるだけ自分の意志を尊重したい傾向がある人なのかなと言う感じはしました。

よくある親の言うことを聞く自己の心を抑えるとか、言われたことをやりこなす系の真面目な場合とはまた違う感じがしました。

堀北真希さんも結婚後は仕事の要請は断っていたそうなので、強い意思を持ち、頑固と思われることもあるかもしれない人ではありそうでした。

芸能人との人付き合いの話もあまり聞かなかったですし、今後はどういう人付き合いになっていくのかも気になりますね。

山本耕史さんはひとつ屋根の下の役柄とは逆で、社交的なのだそうです。

堀北真希さんは事務所との関係もあまり良くないという人もいますね。

芸能人の中には恩を感じて、できるだけできる範囲で仕事をこなす方もいますが、堀北真希さんは何を頼まれてもほとんど断っていたみたいですね。

ヒガンバナのドラマが最後のドラマになるとは思いませんでした。

堀北真希さんが山口百恵さんのようになりたいと言っていたらしいことによって、山本耕史さんが三浦友和さんと比較され、まるで三浦友和さんを目指しているかのような受け取られ方をされるようになりました。

しかし本人は三浦友和さんを目指しているのかは不明ですし、性格や人間性も違う気がしますが。

山口百恵さん、三浦友和さんということは、堀北真希さんの方が山本耕史さんより人気だと表現をしているようにも見えますし、本人は嫌かもしれませんね。

谷亮子さんの夫の谷佳知さんもやわらちゃんの夫と言われるのは嫌だったそうです。

山本耕史さんの場合は山本さんの方がはるかに早く芸能界入りしているのでさらに嫌かもしれませんね。

WBC開催中、盛り上がり前ほどでもないかもしれない

野球のWBCが行われていますが、アメリカで試合ではなくまだ日本での試合ですね。

WBCとはワールドベースボールクラシックの意味です。

昔は世界的な大会とか、メジャーリーガーも参加と言うことで話題になりましたが、年々慣れてきてしまいメジャーリーガーの参加も減り、アメリカメジャーリーグもあまり熱心ではないのでやや盛り上がりが思ったほど大きくはないですね。

なんとなくメジャーリーグが消極的な大会みたいな印象が残るイベントのようになってしまった面もあるかと思います。

監督は小久保監督ですが、評価は低かったものの今のところは負け試合がないですね。

時々インタビュー映像を見かけますが、顔の表情は厳しく、少しも笑う瞬間すらないようにも見えました。

普通の公式戦ですら心理的にもきついとも言われる監督業で、それが世界大会、日本代表、オリンピックのように他のスポーツも開催されているわけでもなく注目が集中しより一層きついでしょうね。

今回は力のある大谷翔平選手や柳田悠岐選手などは出場しませんでした。

たしか二人ともWBCの試合には出たことがなかったと思います。

大きな大会の時にケガなどで出場できない、普段の試合は元気に健康で出場試合数もどちらかと多めな選手なのに。

通常の試合も大事ですが、4年に一度の試合に出場できないというのも複雑でしょうね。

次の4年後の試合には大谷翔平選手26歳、柳田悠岐選手31歳になっています。

野球選手に限らず、4年後には大きな変化を迎える人がいたり、4年後にずいぶん違う人生になったり、その間にいろいろなことがあるものだとは思いますが。

目立たずに地道に積み重ねて時が流れて行く人もいますが、逆に強気な人や目立つ人が、突然うまくいかない人生が始まりそれが続く場合もあるなと感じる時もあるので、人生は何があるか分かりませんね。

ロッテ、メジャーで活動し、現在阪神で活動している西岡剛選手も、順調で無敵で強気でしたが、急に物事がうまくいかなくなりはじめました。

強気な人が心を入れ替えて真面目になると、運気のようなものが変わることがあるのかなと思ってしまいました。